しあわせのわ通信

全ての生きとし生けるものが豊かに平和に共存できる。そんなしあわせの輪が広がりますように・・・

りょうま我が家に来る(その①)

何よりも大切なのは自分の心。心と体はひとつです。
心を幸せに保つことが地球の平和につながります。
誰でもできる地球貢献。ありのままに魂のままに生きること。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



私はわんこを飼っています。
名前は りょうま です。
つい最近、6歳になりました^^

この子は私にたくさんのことを伝えるために
うちにやってきました。

何をなのか?

この子はとても大切なことを私に教えてくれました。
必然のこの出会いをブログに綴りたいと思います。



その話をする前に前置きを。笑

まず、私は幼い頃にもわんこを飼っていました。
その子は私が14歳の時に、多臓器不全で苦しみながらたった10歳と1ヶ月で亡くなりました。
最期の日の朝、学校にいく前の私に見せた表情を今でも忘れることができません。


「もっと早く気付いてあげれていれば・・・」


この後悔がずっとずっと心に宿り、その後二度と動物は飼わないと心に誓っていました。



そして、いよいよりょうまとの出会いの6年前。

私以外の家族全員が偶然出かけた近くのホームセンターで
安売りされていたりょうまに出会い、
昔飼っていた子にそっくりのこの子に、母が一目惚れして我が家へやってきました。

安かったから飼えた。

本当にその通りです。

でもなんで安かったのか・・・

4ヶ月も経っていたから?

それだけでそんなに安くなるか?(そんなに安かったんです。)

なんでやろ?

血統付きとか言って、偽物なんちゃうか?

とホームセンターを疑い、本当に血統書を取り寄せたりもしましたが、
正真正銘の柴さんでした。
まぁそんなことはどうでもよかったのですが。


そんなこんなで、理由がわからないままではありましたが、
なんせかわいいりょうまは、毎日天真爛漫にやんちゃに育っていきました。


この子がうちに来た時、私の脳裏に当時の愛犬の最期の顔がフラッシュバックしました。

そして自分に固く誓いました。


りょうまは絶対に絶対に絶対に病気になんかしない!
最期まで健康に幸せに命を全うさせるんだ!!


と・・・。


ところがです。

我が家に来て数ヶ月経った頃、何かがおかしいことに気がつきました。



長くなるので、続きは(その②)で。


読んでいただき、ありがとうございましたo(≧ω≦)o



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


まちどり くにえ
shiawasenowa-loop@gmail.com

スポンサーサイト
[ 2016/04/04 23:28 ] わんこのこと | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する